福祉用具、介護用品、車いすの販売・レンタルはニック

株式会社ニック

コラム

認知症全般知識に役立つコラム

認知症学会専門医 占部 新治先生による、「認知症全般知識に役立つコラム」です。第1〜第4 金曜更新!

占部先生のプロフィール

印刷用のPDFはこちら

第1章 症状の話 第2節 最初の兆候2項・見極めのポイントとは

「忘れた」と言うのでは説明がつかない

普段の会話で、知っている筈の語句が出てこないなど、「忘れた」と言うのでは説明がつかないそれが見極めるポイントの1つです。
ご相談のあったエピソードごとにポイントを見てみましょう。

episode書いていた宛名の書きなれた字を書き始めたが、書ききれず途中で手が止まってしまう。

こうした経験はよくあるのですが、物忘れでまあいいかとスルーされます。
ポイントは、「どんな漢字」なのかという点です。書きなれた自分の住所、名前でこれがあると問題です。
檸檬や薔薇などの普段書きなれない漢字や、浴衣や鯖などのよく目にするが自分では書く機会が少ない漢字はスルーしても問題ないでしょう。

episode友人の葬儀に参列した折、こみあげてくる感情がなくどういう顔を、どういう表情をすれば良いのか浮かんでこなくて難儀した。

実にリアルに困惑した初めての感情体験として訴えられました。このように感情での症状が最初であった方もおられます。
ポイントは、どういう場面化が分かっていて、掛け替えのない友人を失ったことの理解もできている、なのに感情が出てこなかったという点です。

episodeパソコンを使っていて、手慣れた操作で表を作ろうとして、クリックする場所がフト違っている気がしてアレッと思い、もう一度その前に戻って行動をなぞるように再現していっても繋がらない。どうしちゃったのだろうと心配になりパソコンを中止して、時間を置いてやり直すことを繰り返してようやく繋がって安心した。
しかし、これ以降、操作手順を紙に書いて貼っている。

ポイントは、手慣れた作業過程が流れなくなった点です。

episode夫が亡くなって、将来や日常生活に不安を感じて、家族にアレコレ尋ねることが多くなり、やがて夜中や早朝など時間帯を問わず尋ねるようになり、家族は対応しきれなくなってきた。
配偶者喪失による不安、抑うつ感などによるものとして相談を受けた医療機関の対応はそう判断して加療を始める。
しかし、抗不安薬や抗うつ薬などでは本人の不安や時間を考えずに尋ねることへの効果が得られず、医療機関をいくつも渡り歩く結果となってしまう。そのうちにこれはオカシイということに気付いて、認知症疑いで受診されるに至った。

ポイントは、時間構わず尋ねるということで、家族が対応しきれなくなった点です。

episode大きなレストランに食事に行ったとき、メニューをみて注文したあと食事が運ばれてくるまでの時に、いきなり立ち上がって置いてあったピアノに向かって座るなり、弾き始めたので、家族はあわてて連れ戻した。
初めて行ったレストランでの行動に家族は、周囲の目もあっての行動に出たのですが、これ以降は訪問した友人の家でもいきなり玄関から上り込んで友人の化粧台に座って、自分の化粧をそこに置かれていた化粧品を使って、始めたことが出現したのです。

ポイントは初めて訪れたレストランで、断りもなくピアノを弾き始めた点です。

占部 新治(うらべ しんじ)

経歴
1976年
北海道大学 医学部 医学科卒業
1980年
北海道大学 大学院 医学研究科生理系修了 医学博士
1980年
北海道大学 大学院 医学研究科生理系修了 医学博士
1981年
北海道大学 医療技術短期大学部 理学療法学科 助教授
(現:北海道大学 医学部 保健学科)
1995年
札幌医科大学 精神医学講座 講師 外来医長
1999年
札幌医科大学 保健医療学部 作業療法学科 教授
2001年
札幌医科大学 大学院 保健医療科学研究院 教授
2007年
北海道大学 大学院 保健科学研究院 教授
2011年
京都 三幸会 北山病院 副院長
2013年
京都 三幸会 第二北山病院 副院長 現在に至る
専攻領域
精神医学、 神経科学、 リハビリテーション医学
主な著訳書
日経サイエンス「 運動の脳内機構」 E.V.Everts著
主な著書
臨床精神医学講座 S9 アルツハイマー病(中山書店)、精神医学 標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野(医学書院)、「学生のための精神医学」(医歯薬出版)
所属学会
  • 精神神経学会 専門医、専門指導医
  • 老年精神医学会専門医、専門指導医
  • 認知症学会専門医、指導医
  • リハビリテーション医学会 臨床認定医

一覧へ戻る