ENTRY
野村さん

お客様の生活や身体の変化にいち早く気づいて、対応できるところが魅力です

営業部・お客様サポート係 2019年4月入社 野村 彩百合

入社までのいきさつを教えてください。

大学では主に福祉全般について、人との関わり方について学んでいました。福祉用具については浅い知識しかなく、就職活動を通じて福祉用具の営業という仕事を知りました。業界を絞って探していたわけではなかったですが、もともと人と関わる仕事がしたく、その人に喜んでもらえる仕事がしたかったので、その人の暮らしの基盤を支える仕事である福祉用具の営業に惹かれました。
数ある福祉用具貸与事業所の中でもニックは会社説明会の時に就職活動についての悩みも親身に聞いてくれましたし、社員の雰囲気も良く、人を大切にしていると感じました。選考中も良い意味で、フランクで親しみやすい印象を持ちました。

入社後のギャップを教えてください。

想像していたよりも1人1人のお客様の気持ちに寄り添うことが難しいと感じました。例えば手足が不自由で思うように生活ができない、自分の病気をなかなか受け入れることができない方の気持ちを汲んで話したり、提案していくことが難しいと感じましたが、今ではやりがいになっている部分もあります。
福祉用具はどんどん新商品が出てくるので常に情報収集して学ぶ姿勢が大切になってきます。

社風について教えてください。

カチッとしすぎず、コミュニケーションがよく取れている職場です。業務上の報告・連絡・相談はもちろん、休日の何気ない話もよくします。悩み事や分からないことも親身に聞いてくれますし、自分の営業所以外の先輩社員でも話しやすい雰囲気があります。完全19時退社ですし、有給休暇の取得推奨制度もあるので仕事とプライベートの両立もできています。休日は連休をとって友人と旅行に行っています。

野村さん

印象に残っているエピソードを教えてください。

最初は福祉用具の使用を拒んでいた方が何回か訪問をして、話をしていく中で福祉用具の利用に繋がり、近くのコンビニまで移動できるようになったことが今でも心に残っています。たとえ手すり1本、歩行器1台でもお客様の生活を支える重要な役割を果たしています。定期点検の時に福祉用具の使用状況を伺うのですが、「助かっている、ありがとう」と言っていただけることが多いので、こちらも嬉しくなります。

お客様サポートの魅力を教えてください。

ニックではお客様のアフターフォローを担当しています。福祉用具をレンタルやご購入いただいたお客様のところへ定期的にご訪問し、用具を使用した感想や、ご要望などをお伺いする仕事をしています。定期的に訪問しているためお客様の生活や身体の変化にいち早く気づいて、対応できるところが魅力です。

入社1年目を振り返って

入社した頃は慣れない業務を覚えること、先輩社員についていくことで必死でしたが、最初に比べれば相手の立場に立って考え、行動できるようになりました。お客様の身体はもちろん、生活背景も1人1人違うので、その方に合った対応を常にしなければいけません。正直、もっと提案したいと思うこともありますが、様々な目線に立って一回、考え直す。自分で思いつかなかったら先輩社員に相談してみる。そういう小さな経験が積み重なって知識として出来上がって、成長につながっていると思います。
ニックはメンター制度を始め、相談しやすい環境が整っているのでとてもありがたいです。今後は福祉用具のプロとしてもっと自信をもって仕事をして社内外問わず、頼られる存在になりたいです。

私にとってのニックとは

自分の一つの居場所であり、成長できる場所です。社会人は学生と違い、やったことの責任は自分に返ってきます。だからこそ自分の好きなことができて、活躍できる。ニックには社員が業務改善について提案できる場が定期的に設けられているため、自分の意見を発信することができます。自身の成長が会社の成長につながるので、とても大きなやりがいとなりますし、ニックの社員として誇りをもって働く原動力となっています。

野村さん

先輩社員インタビュー